2013年7月25日

猫アレルギーの原因が特定された模様。新しい治療法や新薬開発に繋がるかも



ええっ、にゃんですって!

と言っているかどうかは定かではありませんが、カナダのGlobal Newsから猫アレルギーのトリガーについて、新しい研究結果が発表されたとのニュースを発見しました。

The Journal of Immunologyにて、ケンブリッジ大学の研究者が発表したところによると、猫の皮膚の粒子、いわゆる「フケ」の中に含まれていたタンパク質が、猫アレルギーを引き起こす原因となっているのだとか。長らく、猫の毛や、唾液、フケで見つかるタンパク質に対して、アレルギー反応がある人がいるのはわかっていたのですが、その原因となる物質が特定されたようです。

今後、新しい治療法が見つかり、猫アレルギーに効く新薬が開発されるかもしれませんね。そうなると、猫と一緒に住める人が増えるかも。

Scientists ‘uncover’ trigger behind cat allergies; research could lead to possible cure/Global News]

追記:より詳しい日本語訳記事がでましたので、リンク追加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です